小1の壁に立ち向かう!げんきっこクラブ学童保育所

「小1の壁」という言葉をメディアで取り上げられる機会が増え、ご存知の方もかなり増えてきたのではないかと思います。

  ご存知でない方のために簡単に説明いたしますと、小学校入学にあたり下記の「壁」が存在するのです。  

1.「学童」の運営時間は「保育園より短い」

一般的な学童は18時〜19時に終わってしまう場合が多いです。 名古屋市は無料で18時まで預かってもらえる「トワイライト」も存在していますが、こちらは基本18時まで。

一方で、共働き世帯では、9−18時勤務が一般的で、定時に帰れたとしても18時きっかりにお迎えに行ける方は少ないのではないでしょうか。

更には、サービス業や医療・福祉従事者は勤務が変則的で預け先にお困りの方も多いと思います。  

というのも、時短勤務の制度はほとんどが小学校に上がるとなくなるパターンが多いからです。 そうなると、18時までしか見てもらえないトワイライトでは間に合わないという方が多く、これが小1の壁で一番大きな問題ではないでしょうか。    

げんきっこクラブ学童保育所では、そんな壁を乗り越えて、キャリアの継続や共働き、シングル世帯にも安心して働き続けてもらえるように、基本的な保育時間は19時まで。

コースによって、20時まで、21時までのお預かりや、夕食、シャワーの提供もしています。 急な延長にも対応。 この時期に多い忘年会なども仕事のうちと考え、柔軟な保育時間の提供をしております。  

また、保育園の卒園後から小学校の入学式までの間の保育にも対応しておりますので、安心してお預けいただけます。    

2.宿題などの学習の面倒を見る手間

毎日宿題をチェックして親がサインする…とても大切なことではありますが、毎日続けて行くのは大変でもあります。  

げんきっこクラブ学童保育所では、まず宿題を終わらせてから遊ぶ習慣づけを行なっています。 指導員がしっかりと宿題をみてくれますから、家に帰ってから勉強を…という手間はありません。    

3.意外に多い学校行事

まず、入学直後に「引き取り訓練」というものが出てきます。子供達が安全に下校出来るようになるまで、一定期間親たちが持ち回りで下校をサポートするものです。 当然、午後のその時間は学校にいかなけらばならず、仕事は早退せざるをえません。

更に続く懇談会や、授業参観など、入学早々学校に通わなければならない行事が目白押し。  

げんきっこクラブ学童保育所では、この中でも保護者の負担の大きい引き取り訓練を、学童の指導員が代わりに行ってきましたので、お仕事の調整を極力減らして小1の壁を乗り越えられるよう、支援しております。      

色々な壁がありますが、げんきっこクラブ学度保育所は、父母の会が作る、保護者のニーズに合わせた保育の実践をしております。 見学、ご相談はまずお電話にてご相談ください。 各小学校から学童までは、指導員やボランティアの方が子供達をお迎えに行きますので、保育所まで安全に下校することができます。  

また、各小学校の上級生も在籍しておりますので、情報交換も活発にしていただけます。 平成30年度入学者向け見学・説明会を随時開催しておりますので、まずはお気軽にご相談ください。  

<平成30年度入学者向け説明会は締め切りました>

Follow me!