入所を検討されている保護者の方から、よくいただくご質問をまとめました。

いつから入所できますか?

『学校が始まってから』という方もみえますが、一度に学校と学童の二つの新しい生活が始まるのは、子どもにとってかなりの負担と考えられるので、入学式の2~3日前までに入所するのが望ましいと思われます。 学童でのお友達や上級生と学校生活をスタートさせると、子ども達も心強いようですよ。

一年生の四月は下校が早いので心配です。

入学してしばらくは給食がなく、下校指導が行われます。 小学校にお願いして、学童分団を作っていただくか、学童に近い分団での下校となります。 その際は学童の指導員がお迎え当番として、学校や解散場所まで行きます。 昼食は学童で食べます。お弁当が必要となりますので、宜しくお願いします。

学童にいると地域の子と遊べなくなってしまうのでは?

学童の子みんなで友達のいる公園へ出かけて、一緒に遊びます。 現在、古沢公園や正木公園で平和・正木学区の子どもと達と遊ぶことが多いです。 長期休みなどには、その他の学区の公園へも行きます。 自分の学校の友達だけでなく、よその学校にも友達ができるのが学童保育のよいところではないでしょうか。

習い事に通わせたいのですが?

出来る限り配慮いたします。 しかし、集団生活をしている為、あまり休みが多かったり途中で帰る日が多くなると、友達との関係がうまくつくれない場合があります。 学童の生活の支障がない限り、学童から習い事へ行って学童に帰ってくるというケースもあります。ご相談ください。

勤め先の忘年会などでも、子どもを夜まであずけられますか?

忘年会や歓送迎会なども、仕事のうちだと考えています。 学童で保育しますので、どうぞ遠慮なく参加してください。 ただし、翌日に学校があったり、子どもの生活リズムなどもありますので、ご家庭で調整して、就寝前までにお迎えに来ていただくことが望ましいです。

買い物をしてから迎えに行ってもいいですか?

はい。ランドセルをしょった子どもを買い物に付き合わせるより、買い物を済ませてから迎えに来てくれた方が学童としても安心です。 子ども達も特に夕方は少しでも長く友達と遊んでいたいようです。 銀行や通院などの用事を済ませてからどうぞ。